時事news

小越勇輝【NHKプレミアムドラマで右鎖骨骨折】理由や原因と役柄や演技内容を調査!

俳優の小越勇輝さんが、NHKプレミアムドラマ「生きて、ふたたび」の撮影時に、「右鎖骨を骨折」したことが判明して、7月28日に公表となりました。

小越さんは、今年7月から俳優・舘ひろしさんの設立した「舘プロ」に移籍したばかりでした。

7月30日から公演の舞台が控えている最中での不幸な出来事でしたが、舞台には予定通り出演するとのこと。

気になるのは、骨折の理由や原因です。

また、NHKプレミアムドラマでは、骨折した時に、どんな役柄でどんな演技をしていたのでしょう?

調査してみました。

【小越勇輝さんがNHKプレミアムドラマ撮影時に右鎖骨骨折】現在までの経歴やプロフィールは?

小越勇輝さん、なかなかの甘いマスクでイケメンですね。

これまで、多くのテレビドラマに出演されていますが、脇役に徹しているようです。

簡単なプロフィールを確認してみます。

  • 氏名:小越 勇輝(おごえ ゆうき)
  • 生年月日:1994年4月8日(27歳)
  • 出生地:東京都
  • 身長:168 cm
  • 血液型:O型
  • 職業:俳優・アーティスト
  • 事務所:舘プロ

活動期間が1997年から。

それは、3歳での子役デビューということで、芸歴の長い俳優さんです。

2010年8月よりミュージカル『テニスの王子様2ndシーズン』で主役の越前リョーマ役を務める。

2013年9月24日、歴代テニスの王子様2ndで最多出演回数となって「プリンス・オブ・テニミュ」の称号が与えられました。

2017年以降、舞台から映像作品に軸足を移し、映画・テレビドラマに多数出演。

2020年の映画『人狼ゲーム デスゲームの運営人』では主演をつとめました。

 

最近では、2021年4月からの高嶺のハナさん(BSテレ東)に「弱木強 役」で出演。

 

今回、ドラマ撮影中に右鎖骨骨折をしてしまったものの、担当医や周囲との協議と本人の強い意志から、7月30日から公演の舞台「梅棒 12th WONDER『おどんろ』」には、出演することに決定。

そんな小越に、舘ひろしさんからのコメントが寄せられています。


見た目と違い、小越は強い男です。小越が今まで積み重ねてきた経験があれば、乗り越えられると信じております。

出展:舘ひろし、自身の主演ドラマ撮影中に骨折の小越勇輝を激励「見た目と違い、小越は強い男です」(スポーツ報知) – Yahoo!ニュース

 

何事も強い意志で乗り越えて来た芸能生活24年(でもまだ27歳)小越さん。

今後とも頑張って頂きたく、期待しています。

今回の骨折も頑張りすぎが原因なんでしょうか?

【小越勇輝さんがNHKプレミアムドラマ撮影時に右鎖骨骨折】理由や原因と役柄や演技内容は?

小越勇輝さんの右鎖骨骨折が、NHKプレミアムドラマ「生きて、ふたたび 保護司・深谷善輔」の撮影時に起きたことまではわかっていますが、その原因や理由については、全く報道がありません。

NHKプレミアムドラマ「生きて、ふたたび 保護司・深谷善輔」は、2021年の秋に放送予定で、全話8回が予定され、毎週日曜日にBSプレミアム・BS4K同時放送とのこと。

出演者を確認してみると


【出演】舘ひろし、蓮佛美沙子、真矢ミキ、浅丘ルリ子 ほか

出展:生き直す道。やり直す道。生まれ変わる道。そうだ、生き直すんだ──。 プレミアムドラマ「生きて、ふたたび 保護司・深谷善輔」 |NHK_PR|NHKオンライン

 

としか発表が無く、小越さんは「ほか」のメンバーの一人であるようです。

教師ひと筋に生きた主人公・深谷善輔(舘ひろし)が、第二の人生に「保護司」を選び、自分の子供を殺した罪で服役していた小山結子(浅丘ルリ子)を担当する、というストーリーです。

このドラマへの小越さんの出演に関しては、今回の骨折事件?が無ければ誰にその関係がわからない状況でした。

いづれにしろ、番宣はしたいこれから放送の番組ではありますが、ここで、小越さんの骨折の理由や原因に触れることは、番組の深い内容にまで触れる危険性があるでしょう。

そのため、小越勇輝さんの出演したNHKプレミアムドラマに関して、右鎖骨骨折時の演技内容や役柄に触れることはご法度なのだと思われます。

しかしあえて、想像するには・・

小山結子(浅丘ルリ子)に殺されたわが子役で酷い仕打ちをされるシーンか何かで・・

と思うのですがいかがでしょうか。

まとめ

俳優の小越勇輝さんが「NHKプレミアムドラマ」撮影中に遭遇した右鎖骨骨折の理由や原因とドラマの役柄や演技内容を調査してみました。

調査の過程で、わからなくても仕方ない理由が「わかった」気がします。

芸能人の方々が生き残るということが、どれだけ大変か!

ということを、改めて感じた次第です。